2013年1月 1日 (火)

蛇三題

 “巳”は蛇の形のようですね。

 時代を追って。

0302sv 一昔も前に行ったカトマンズの中世の建物にあった彫刻。

 ヒンドゥー教の蛇の神様ナーガ。

 

 

 

 

 




Img_1886sv これは数年前に行った,ネパールの友人,Jeevan氏の家の近くの池のやはり蛇の神。

 何故かは聞かなかったけれど頭の数は人の指と同じ五つです。

 日本の八岐大蛇はその名の通り頭は八つ。

 ヘラクレスに倒されたヒュドラ(ヒドラ)は異説はあるものの一般には九頭。

 そう言えば九頭龍というのもありますね。 双頭の蛇は奇形として案外多いような。

 話が散漫になりました。

 

 これは本物。

Img_8420ts 日本では白蛇は縁起が良いと言われて居るようですが,白蛇はアルビノですよね。

 これはシロマダラ。

 絶滅危惧種となっている県もあるとか。

 死んでいると思って,自転車にグチャグチャにされたりカラスにつつかれては・・・と思い草むらに投げ込んだのですが,珍しい種と知ってもう一度しっかり観察しようと探したけれど見つからなかった。

 最近,この蛇のことをもう少し調べたら死んだまねをすると!

 どう見てもどこにも傷は無かったから死んだまねだったのかも知れません。

 

 今年もよろしく! 

 

| | コメント (2)

2011年9月25日 (日)

小楢山 2

Img_1486s 山頂は随分と整備されて,今な説明版が立っていました。

 小楢は古那羅と。

 焼山峠からの入り口に地蔵さんがたくさんあるし,里側からのコース途中には石仏が多数あると書いてあるので,やはり信仰の山なのでしょう。

 この説明版の隣にもっと詳しく書いてあるものもあって,写真も撮ったけれどパス。

 実はこの看板の裏側にはドイツ語らしきを話しているカップルがべったりで写真を撮るのも何だか・・・ 

 山とはあまり縁のない人で,こういう場所で日本人は良く記念撮影をするのを知らないのか,それとも日本人とはチョット常識が違うのか。。。

 チョット困りました。

 

 


Img_1504s 前に来たときにも山頂付近で見かけたので,あるだろうと思っていたらやはりありました。

 よく絵本に出て来るキノコの典型的な・・・ でも一般には毒キノコなのだけど。

 先週の山で獲ったタマゴタケとは親戚関係だけど,かの有名なベニテングタケ。真っ赤な傘に白いポツポツがあり,つばを着け,根元を掘れば壺もあります。

 

 

 山頂で食事をしていたらどんどん寒く(気温12℃)程度なってきたので早々に退散。

 


Img_1497s 次の目的地,幕岩(“まくいし”と振ってありました)へ。

 

 急な岩を登った上にあるやや広い岩場。

 全方向が見渡せる山頂よりも景色が良いところです。

 岩場に陽が当たっていたためか山頂より暖かい感じ。

 

 

 


Img_1491s 岩場に上がったら,こんなものが。。。

 

 蛇の化石! のはずはなく,岩場にべったりと張り付いた抜け殻。

 

 

 

 

 

 


Img_1495s 雲はかかっているけど,八ヶ岳連峰。

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_1502s 岩場の下り。

 いい加減には降りられません。

 

 

 

 

 

 

 

Img_1490s いろいろなキノコがありましたが,やはりキノコの同定は難しく。。。

 

 食べられそうなものもたくさんあったけれど,結局獲ってきたのはいつもながらのハナイグチ。

 家に帰って調理をして,今日の練習の時に一緒に行った友人に配りました。

 

 

 

 


Img_1507s アップダウンの多いコースで,全部のピークを越える道と,ところによっては巻く道もあって,ここは往路は急な登りなのでパスした道。

 苔むした岩がたくさん転がっていて,どれがそうかは判らないけれど,的岩と言う辺り。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

滝見散歩 続き

Img_1301s 戻ってくる途中見つけた,梅の花・・・の訳はなく,キノコですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_1302s 雨に濡れて枝がだいぶ下がっているので,あまり見たことのない風景・・・でも考えてみると,最近ここに来るのはいつも冬ばかりだからかも。

 

 流されないようにザイルで結んであるものもありました。

 

 

 

 


Img_1305s ウチの人が見つけたシマヘビ・・・ですね。

 クリクリの目が可愛いと。

 

 

 

 

 

 

 


Img_1308s 西丹沢自然教室へ戻ると,白い蛾が。

 シロツバメエダシャク。

 エダシャクまでは判るけれど名前はなかなか。

 

 

 

 

 

 


Img_1309s 吊り橋をバックにクマシデの実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

アマサギ

Img_0653tsv  夕方,下流側へ畦道を散歩していったら,久し振りにアマサギを見ました。

 

 久し振りだったし,一羽しかいなかったので,チュウサギの幼鳥かも知れないと思ったけれど,羽の感じや飛び方など幼鳥っぽくはなかった。

Img_0654ts  もっと近付いて撮ろうと思ったら飛び去ってしまいました。

 念のため帰ってから確認したけれど,やはりアマサギですね。

 

 

 

 

Img_0657s  河岸に出ると,未だ濁っていて水量も多い。

 鮎釣り師の姿は全く見えません。

 

 

Img_0658s  土手にはウツギの花がたくさん咲いていました。

 いつも「初夏だなあ」と思う季節に。。。 

 

 

 

 

Img_0660ts  家へ戻る寸善に,土手の方から家のある方に向かって道を横切る長いモノが。。。

 これはアオダイショウ?

 土手の方へ帰りなさいと追ってみたのですが,側溝の蓋の穴へ入り込んでしまいました。

 

 

 

Img_0661sv  お山は,陽が沈んでシルエットをようやく見せました。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)