2013年5月 5日 (日)

久し振りの北八つ天狗岳

Dscf0221s 若者を案内するという名目で山遊びに付き合って貰いました。

 今までは二月に行っていた天狗岳。

 一緒に行く人たちは経験も浅く装備もまだまだだったので,まずは残雪の季節。

 調べたら,国号299号が開通していると言うことで,この時期,駐車スペースが気になる渋ノ湯は避けて,麦草峠からとしました。

 しかしここは逆に観光客が多く駐車場はほぼ一杯でしたが。。。

 まずは中山山頂。 ここまでの樹林帯はしっかり雪があり気温も低い日が続いて堅めでしたが,登るのにアイゼンが要るほどでは無く。

Img_5541s 良い天気の中を丸山~高見石~中山から黒百合ヒュッテ泊。

 電話で予約を入れたところ60人ほどの予約と言うこと,まあまあと思いましたが,着いて寝床を確認して一人一枚しっかり確保できる事が判り安心。

 電化が一段と進んでいました。

 

 

 

 

Img_5564s 翌日は朝から少し雲も見えやや霞んだ感じで,いつもの西の強風の中をまずは東天狗へ。

 何度か見た見慣れた風景ですが。。。

 

 

 

 

 

Dscf0244s そして西天狗。

 

 この時季にしては気温は低めでしたが,風はやや収まり楽しめました。

 

 しかし雪の無い岩場は増えていて,アイゼンで歩くのは気を遣いますね!

 

 

 

Img_5588s_2Img_5595s_2 西天狗から戻って,すり鉢池経由でヒュッテに戻り,帰りはにゅう経由白駒池で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_5602s_2 白駒池に着いた時は薄雲が広がり,雪が少しばかり落ちてくる天気になっていました。
 

 行動中は良い天気で良かった!



 

 

 

| | コメント (2)

2013年3月18日 (月)

二年ぶりのスキー

Dscf0030s 昨シーズンはいろいろあったりタイミングも合わなかったりで一度も行かなかった,行けなかった,スキーに今年は行ってきました。

 吹奏楽仲間のスキー初体験の女子も二人連れて。

 天気はすばらしく見える山には雲の懸かっている山は無く,南八つに隠れてしまう富士山を除いて高い山は殆ど。 

 南アルプス,中央アルプス,御嶽山,乗鞍岳そして北アルプスは穂高,,槍がハッキリ判りその北にも続いて。。。

 

 

Dscf0058s 初心者にはさすがにロープウェイ山頂から滑るのはキツかったようで,板に乗り切れなかった一人は下りもロープウェイを使って貰ったけれど,本当に絶景でした。

 

 

 

 

 

 

Dscf0047s 南八つはここから見るととても尖って見えます。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

もう一度雪を踏みに

Img_4064s この冬は冷え込んでこの辺りには珍しく,山は雪が積もったままです。

 富士山の東側にある三県の県境付近の山へ大学の山遊びの会で行ってきました。

 

 出発点に車を止めたときは富士山もまだかなり見えていたけれど,予報より早く雲が広がってすぐに姿を隠してしまいました。

 

 

 

Img_4066s 山はさすがに寒く,つららも乾いた感じです。

 前日の一日の気温推移を見ると,一日中零下。

 今日も多分そうでしょう。

 

 

 

 

 

Img_4068s_2 しっかり雪があることは判っていたのでスパッツは当然ですが,念のために持って行ったアイゼンは出番無し。

 

 

 

 1月半ばの雪が溶けきらずにあって,その上に何回か少しずつ降った雪は殆ど新雪状態でした。

 

 

 

 

 

 

 Img_4079sこの道標からすると,この辺りは1mくらいあるのでしょうか?

 

 

 今日は演習の日だったのか,東富士演習場方向から砲撃の音や時折小銃?の音も聞こえていました。

 

 一発何十万いや百万超かと思ったけれど,演習用の砲弾はそれ程高いものでは無いようですね。

 

 


Img_4097s 富士山は見えなくなってしまったけれど,愛鷹山,駿河湾そして伊豆半島の方は見えました。 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4069s 動物たちの足跡はもっとあると思ったのですが,この寒さではここに居ても食料が無いでしょうね,それ程多くは見ませんでした。

Img_4076s ハッキリ判るのはやはりウサギ,そして大きさや歩幅から鹿,良くは判りませんがこの大きさと足跡の感じはテンかなと思う三種でした。

 落とし物はこの一つだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4114s 山頂は寒かったけれど,のんびりとした雪山ハイクでした。

 帰りは恒例の立ち寄りの湯!

 

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

雪を踏みに

Img_3889s 吹奏楽のアウトドアー派の若者と丹沢表尾根へ行ってきました。

 懸念していたとおりヤビツ峠まで行くはずのバスは路面凍結のため麓の蓑毛止まりと。

 少し前に下ったことはあったけれど,登るのはもしかすると半世紀ぶり!

 

 

 

 

Img_3894s 二ノ塔に登り付く少し前からこのところあまり調子が良くないなと思っていた筋肉が文句を言い始め,これでは目的地の手前,エスケープルートの無い当たりで動けなくなるかも,と言う不安が頭をもたげ。。。

 その予想通り次の三ノ塔にかかったら悲鳴を上げ始めました。

 

 

 

 

 

Img_3895s こうなると,どうしようも無いので風も無く陽射しも暖かい三ノ塔でのんびりして帰ることにし,コーヒータイム。

 

 

 

 近くに見えるけどまだまだ遠い尊仏山荘。

 

 

 

Img_3907s 風も無く暖かい山頂で展望を楽しみ,帰りは二ノ塔の登り返しも不安だったので三ノ塔尾根を大倉へと下りました。

 

 牛首まで下ると尾根へはまた登らねばならず,そのまま舗装の林道を下ることに。

 

 途中で見かけました。まとっているものからも仏様では無く書いてあるとおり神様のようです。

 

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

Osprey

 昨日の雪はこの辺りの平地には届きませんでしたが,周りの山々はかなり厚化粧したようです。

Img_3551s 箱根金時山。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3553s そして表丹沢方面。

 これは二ノ塔,三ノ塔。

 

 

 

 雨で餌探しがままならなかったのでしょうか,たくさんの鳥たちがいました。

 



Img_3558tsv 前から大きな鳥が何かを足につかんで飛んでくる・・・と思う間もなく頭上を通過していきましたが,どうやら少し先の釣り堀から失敬してきたようです。

 トビにしては白すぎるとは思ったのですが判らず,あとで鳥専科の友人にミサゴだろうと教えて頂きました。

 ミサゴはosprey,その友人も一緒の大学の山の会の幹事長が担いでいるザックもosprey。 

 厚木にもospreyが配備されるとか,具体的な話では無いとか。。。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

石砂山

Img_3503s 大学の山の会の新年初山行はここ石砂山(いしざれやま)。

 ネットで調べた駐車場(有料とあった)は以前に隣の石老山に登ったときに駐めた駐車場でした。

 

 実際はその有料の方はチェーンが掛かっていて,隣のスペースでしたが。

 

 

 

Img_3504s 道端で見かけた馬頭様は観音ではなく馬頭太子とありました。

 ネットで調べる限りは馬頭太子という項目は見当たらず。

 

 この辺りだけの言い方なのでしょうか?

 

 

 

 

 

Img_3506s 雪は未だ無いけれど,川の中には氷が。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3515s コースの前半は植林帯で薄暗く,その後の雑木林は完全に冬枯れ。

 あまり撮影の題材は見当たらず,少し急登があって山頂に。

 カシミールで確認したとおり富士山は大群山の横に顔を見せました。

 しかし大群山がデカイ!

 

 

 

 

Img_3525s 降りてきたら登山口のすぐ前の家でおばあちゃんの呼ぶ声が。。。

 ゆずを買わないかと言っているようで,庭に入ってみると,切り干し大根を刻んでいたようでしたが,干し上がったゆずの皮やいろいろなものを僅かながら並べて売っていました。

 

 いろいろ聞いていると一人暮らしで。。。 などと言うので梅干しを一袋。

 

 

 

Img_3526s カリカリ梅もどうだと言うので試食すると酸っぱすぎず美味しいのでそれも。

 並べてあったものを撮ったら,ギフチョウの写真を見せようかと。

 この辺りはギフチョウが有名でリピーターが写真を持ってきてくれるという。

 またそのシーズンに来てみようか。

 

 

 

Img_3527s この辺りの地区は家の前に表札代わりみたいにこんなものが。

 ここのおばあちゃんの家はこれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2012年12月31日 (月)

走り納め

Img_3291ts 昨日と打って変わった天気になって散歩に出ました。

 久し振りに飛行場で自由にさせようと思ったら人がパラパラ居て,やや限られた範囲でしたが,疾走!

 

 

 

 

 

 


Img_3293ts 何往復かして。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3282s 丹沢方面は夕陽にクッキリと。

 

 

 今年もいろいろとお世話になった方,ここへ来て下さった方ありがとうございました。

 

 

 一時よりアップはだいぶ減りましたが,今後もポツポツとは続けたいと思います。

 

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

久し振りの金時

 大学の山遊びの会。

Img_2037s 前回は風とガスの中だったので,日を選んで,昨日行ってきました。

 この辺の人と行く時は箱根の外側から上がるのですが,一般的な箱根側からです。

 バスの行き先が箱根を抜けて御殿場だったので,少し楽をしようと乙女トンネルの向こうまで行って登ることに。

 それが正解でした。 トンネルを抜けると真っ青な空にド~~んと!

 

 

 

 

Img_2045s 金時の山頂へは何度も行っているけれど,ここを登るのは始めて。

 半世紀も昔に乙女峠を通過して長尾峠まで行ったことはあったけれど,勿論峠も覚えているわけは無く。。。

 

 見難いですが廃屋となった茶店。

 そう古くは無さそうなので,前に通過した時には無かったのかも。

 

 

 


Img_2040s その頃は興味が無かったのであったかも定かではありません。

 峠の石仏。

 

 



 Img_2046s_2日陰はさすがに霜柱がたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2047s 半世紀ぶりに歩く道でしたが覚えていたところにマユミが目立っていました。

 何故覚えているかというと,この尾根筋唯一の少し広くなった場所。

 何故かそのときそこでみんなで大縄飛びをしたところ。

 

 

 

 

 


Img_2057sv 稜線からは木の間越しですが,箱根側は大涌谷の噴煙,仙石原のススキの原,そして芦ノ湖。

 

 

 

 

 

 

 



Img_2043s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2060sv 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2052sv そして反対側は富士山から・・・その山裾彼方に八ヶ岳が望めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2061s 山頂に着く頃には少しずつ雲が。

 富士山にも暈が掛かり始めました。

 

 

 

 

 

 

 

Img_2055s 山頂直下から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2062s 山頂は,平日と言うのに大混雑。

 短時間で登れて展望も良く昔から有名だからでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 降り始めたら多分30人以上の団体さんが登ってきました。

 

 

 

 

Img_2065s 混雑するだろうルートを避け公時神社方向へ下りました。

 

 

 まだリンドウが咲いています。 

 蕾がたくさん見られました。

 

 

 

 

 



Img_2068s_2 展望も無いコースをどんどん下ると,金時由来の名前が付いている大石が。

 

 

 

 

 

 この更に下には手鞠石だったかな,まあるい大石がありました。

 

 

 

 

 

 

Img_2075s 降り着いたところはバスの便が悪いので,バス道を15分ほど歩いて仙石のバス停へ。

 その途中で見かけた道祖神ですが,田舎道では無くなっているし,建物も古いものは全くないので,どんな集落の入り口にあったか想像も出来ませんでしたが。

| | コメント (2)

2012年11月19日 (月)

越前岳

Img_1746s 天候不順で中止続きだった大学の山遊びの会で,今日は愛鷹山の越前岳へ行ってきました。

 天気予報では,午後は晴れると言っていたのに,午後はますます悪くなってしまいましたが。。。

 前に来たのは,もう二十年近くも前でしょうか。

 いろいろと変わっていました・・・ と,思うのですが,昔の記憶は怪しい。。。

 

 

Img_1744s 明らかに違ったと言って良いと思えたのは,降りてきた沢沿いの道。

 ひどく荒れ果てていました。

 

 はじめの写真は峠の直ぐ下の避難小屋。

 前に来た時この建物があったのか?全く記憶に無し!

 

 でも紅葉はキレイに。

 

 

 

 

 

Img_1752s 黒岳は初めて行きましたが,天気が良ければ広々として気持ちよさそうな山頂でした。

 

 

 

 

 

 

 

Img_1756s 荷物を置いた峠に戻り,あまり変化の無い道をどんどん越前岳へ。

Img_1758s 午後になっても・・・晴れるどころか強風のガスの中。

 勿論,前に見えた沼津方面の駿河湾なぞ全く!

 山頂の気温は2℃。 寒い!

 

 

 


Img_1763sImg_1764s 陽が射さず閉じたままのリンドウや,強風で折れたマユミの枝などはあったけれど,晩秋の山はそんなものですね。

 

 

 

 

 

Img_1765s 下り始めて,途中の呼子岳の地蔵様。同様なものは越前岳にもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1770s そして,多分昔と殆ど変わらない,この様な岩の裂け目。何カ所もこんな感じに!

 

 この下の沢筋の道は割合最近に増水で岩が崩れたらしく,ひどく荒れた道になっていました。

 

 

 

 そんな道に手こずって,車に戻ったのは陽も沈み,4時半を回ってしまいました。

 

 

 

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

紅葉

Img_1525sv 今朝はスッキリと雲一つ無い晴れ!

 箱根明神は色付いています。

 二重の手を入れた写真ですが・・・ 偏光とコントラストアップ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧