2013年2月25日 (月)

もう一度雪を踏みに

Img_4064s この冬は冷え込んでこの辺りには珍しく,山は雪が積もったままです。

 富士山の東側にある三県の県境付近の山へ大学の山遊びの会で行ってきました。

 

 出発点に車を止めたときは富士山もまだかなり見えていたけれど,予報より早く雲が広がってすぐに姿を隠してしまいました。

 

 

 

Img_4066s 山はさすがに寒く,つららも乾いた感じです。

 前日の一日の気温推移を見ると,一日中零下。

 今日も多分そうでしょう。

 

 

 

 

 

Img_4068s_2 しっかり雪があることは判っていたのでスパッツは当然ですが,念のために持って行ったアイゼンは出番無し。

 

 

 

 1月半ばの雪が溶けきらずにあって,その上に何回か少しずつ降った雪は殆ど新雪状態でした。

 

 

 

 

 

 

 Img_4079sこの道標からすると,この辺りは1mくらいあるのでしょうか?

 

 

 今日は演習の日だったのか,東富士演習場方向から砲撃の音や時折小銃?の音も聞こえていました。

 

 一発何十万いや百万超かと思ったけれど,演習用の砲弾はそれ程高いものでは無いようですね。

 

 


Img_4097s 富士山は見えなくなってしまったけれど,愛鷹山,駿河湾そして伊豆半島の方は見えました。 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4069s 動物たちの足跡はもっとあると思ったのですが,この寒さではここに居ても食料が無いでしょうね,それ程多くは見ませんでした。

Img_4076s ハッキリ判るのはやはりウサギ,そして大きさや歩幅から鹿,良くは判りませんがこの大きさと足跡の感じはテンかなと思う三種でした。

 落とし物はこの一つだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4114s 山頂は寒かったけれど,のんびりとした雪山ハイクでした。

 帰りは恒例の立ち寄りの湯!

 

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

自然の営み

Img_4653s また夕立になりそうだったので,少し早めに散歩に出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4655sImg_4654s アブラゼミの声がすぐ近くで・・・と思ったら道端の松の木で鳴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4656sImg_4657s 相変わらずのアブラゼミだけど,写真を撮ろうかと近付いたら,もう一匹が飛んできてすぐ上に止まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4659sImg_4658s その後は下の雄が登り始めたと思ったら,上に来た子も少しずつ降りてきて,近付いたときに雄が鳴きやんでしまうと少し離れ・・・また鳴き出すとまた寄ってきて隣に寄り添い,そして合体!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4660sImg_4663s

 

 

 

 

 

 

Img_4668s 散歩の続きのあと15分くらいしてまたそこを通ると,まだそのままでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

カワセミ

Img_1772s アオツヅラフジの実が・・・何となく美味しそうで,味見をしてみましたが不味い。

 大体が毒草ですね。

 でも見た目は美味しそう!

 

 

 

 

 


Img_1773sv 川べりを歩いていると水の中に蠢く物が。。。

 ハリガネムシ? でもハリガネムシはカマキリに寄生するとしか知識が無く???

 帰って調べるとやはりハリガネムシでした。

 これは水生生物なのですね。

 学校ではカマキリの寄生虫としか教えていないのではないでしょうか。

 多分教える側の先生もそういう知識しかないのでしょうね。

 

 

Img_1786t その先を歩いていると飛び立ったのが青い宝石!

 すぐにまた留まりました。

 

 そうっと近付くと逃げないので割合近くまで寄れました。

 

 

 勿論大幅なトリミングをしていますが。

 

 


Img_1787ts さらに寄ろうとすると飛び立ち,下流側へ。

 

 

 

 

 

 

 


Img_1791ts_2 で,また岸壁に留まって河の方を見ていると思ったら,河にダイブしてまた戻ってきた嘴には魚が。

 

 

 様子を見ているとたびたび飛び込んでは魚を咥えてきました。

 

 

 

 Img_1795ts
 あまり近付きすぎて食事の邪魔をしてはいけないのでかなり遠くからなので,こんな写真ですが。。。

 

 

 

 

 しかし今日も暖かい雲の多い天気でした。

 

 

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

滝見散歩

 Img_1290s歩かなければと言う人を連れて,冬は少し凍る滝まで散歩に行こうと午後から出掛けました。

去年の大雨でこの辺りの沢筋はかなり荒れて,この枝沢も何だかスッキリしてちょっとフォトジェニック・・・かなと一枚。

 

 

 この冬に来たときよりまた多分最近の増水で荒れた感じの畦が丸への登山道をさらに行くのだけど,やはり沢を渡る場所はいろいろと変わってしまった感じです。

 

 

 

 

 

 


Img_1292s 堰堤を脇の階段で越して降りていくと・・・ど真ん中に鎮座している子が!

 そっと寄ると道を空けてはくれました。

 

 

 

 

 

 

 


Img_1293s そしてさらに荒れた道を行くと,滝まであと少しのところ,昔の権現山の登り口にある広場。

 冬はここはハンショウヅルの実が冬の斜光線で綺麗なところです。

 今の状態はと探すとこんな。

 ミヤマ・・・かどうかは判りません。

 

 

 

 


Img_1294sそして,下棚(しもんたな)。

 滝の正面へ行くととても涼しい。

 でも,少し前に通り雨があったり,帰ってきたらかなりしっかり降ったりと言う天気だったので,湿度はやたらと高く,汗と湿気でビショビショになってしまいましたが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

富士山一週

 このところ少し暑さは戻ってきたけれど天気はやたらと不安定で、気象庁のページを見ても狭い雨域があちこちにあります。

 山よりの散歩に行きたいけど、突然土砂降りに遭うのもと思って今日は富士山を一回りしてこようと出かけました。

 春に散歩兼御殿場線の旅をしたときにパンフレットで見た風穴にも行ってみようとまずは裏道を越えて。

 ほとんど車の通らない木が覆い茂って、湿った道を走ると茶色い蛾がたくさん飛び回っていました。 車を止めてしっかりは見なかったからはっきりはしないけれど、昼間だしその飛び方からするとどうやらマイマイガの仲間のような感じでした。 でもたくさんいた!

 

 


Img_1231s 第一の目的地の風穴は有名な鳴沢の「ふうけつ」ではなく、駒門の「かざあな」。

 地図上では本当にこんなところにちゃんとあるのかと思うような場所だったのですが、近くに来ると駐車場もあり、そこから歩いていくと入場料を取る入り口が。

 階段を下りていくと涼しい風が吹いてきて、風穴に入ると一段と冷えていました。

 

 入って振り返ったところです。

 



Img_1229svImg_1228svこのところの天気のせいか上からはしずくがポタポタ。 深くはなく氷もありませんでしたが、入場券売り場のおばちゃんに聞いたら13℃だとか。

 

 肋骨状とか、鍾乳石状とかいろいろとありました。

 

 その後は十里木街道を西に進んで、富士宮から北上しぐるっと回ってきたけれど、やはりところどころで雨域を通過しました。

 

 帰ってきたら当然のことながら蒸し暑い。

 沖縄は台風だし、10号も東の方にあるし。。。

 今月に真夏は戻ってくるのでしょうか。

 

 

| | コメント (4)

2011年7月25日 (月)

また蒸し暑く・・・

 


Dscf0769ts 気温はそれほど高くはないけれど蒸し暑いですね。

 土曜は午前中は某中学の吹奏楽そして午後はオーケストラ,昨日は日曜としては久しぶりにアルプホルン,そして今日はまた某中学の吹奏楽の指導手伝いに。

 土曜は曇っていたけれど,出掛けたら空にパラが。。。

 走りながら時々見ていたら五機でぐるぐる回ったり割合に息のあった飛び方をしていました。

 

 

 

 


Img_1210ts 帰ってきてちょっと土手を歩いてきました。

 相変わらず賑やかな松の樹上の鳥たちは雛もだいぶ大きくなりますます賑やか。

 ここには五羽の雛がギャーギャー・・・と言うよりグエッグエッと言う感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_1211sv台風の雨で増水し流木がいくつか中州に流れてきていました。

 その一つの模様にこんなのが。

 

 

 何か変わったものが流れてきていないかと堆積の上をちょっと歩いてみましたがこのくらいでした。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

久しぶりの土手

Img_0881s
 何だか同じテーマが何回か出てきたような気もしますが・・・

 蒸し暑かったけれど風が案外あったので土手を歩いてきました。

 砂州には,サギとカルガモ。

 

 

 

 

 

Img_0882s 風が強いためか連日の暑さで蝶達は夏眠なのか,見かけません。

 でキョロキョロしながら歩いていくと,こんなものが・・・

 何だか複雑すぎて・・・これは人間の仕業でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_0884s これは多分クモの仕業。

 

 

 

 

 

 

 普通はこれなのに。


Img_0883s こんなゲイジュツ的なのがありました。

 

 

 

 

 

 


Img_0885s_2 サギたちの巣の下は真っ白な糞だらけ,臭いもこの湿度でますますヒドイ。

 羽もいろいろ落ちています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_0888ts 田んぼにはカルガモの親子がいました。

 

 出会った蝶は土手上ではモンシロチョウ,降りてからジャコウアゲハとシジミ(多分ヤマト)だけでした。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年6月28日 (火)

中国,四国 3

Img_0728s


 高浜~舞鶴港~伊根町。

 高浜の砂は黒っぽかったけれど,白と赤が少しで波の縞模様ができていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0731s


 そんな波打ち際を歩いていて見つけました。

 

 

 

 

 


Img_0735s_2


 翌日は伊根町の船屋を見ようと,まずは西進。

 舞鶴港の横を通過・・・と思ったら横浜港のような煉瓦作りの建築物が。

 で,寄り道したけれど,なにやら修復工事中らしく良い撮影ポイントは見つからず。

 

 

Img_0734s


 ついでに自衛艦。

 

 

 

 

 

Img_0743s


 その後は,北上し伊根町へ。

 町並みは船屋という形ができたわけで平らな部分はとても狭く,車をのんびり止めるような場所は見あたらず・・・と思ったら,丘の上に道の駅があることが判りそこへ。

 そこの観光案内所へ行ってみると,海上タクシーに連絡してくれて駐車場の案内も。

 

 

Img_0765s


 この船が湾内を案内してくれた亀島丸。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年1月31日 (月)

コチドリ

 用事があって川向こうへ行ったついでに,待ち時間で河原へ降りてみました。

 いつもの散歩コースの丁度対岸辺り。

 土手から降りると,ところどころに水たまりやチョット湧いてまた伏流という程度で,河幅の3/4位のところまで砂地です。

 何か変わったモノはと歩き回っていると,鳥たちの足跡は大きいアオサギのモノが目立つ。

 砂が崩れてしまうのでしょうね,小さい足跡は形は判りにくいものばかり。。。

 でも,鳥ではなく,猫よりも小さそうな四つ足の足跡もありました。

Img_9979s 夜行性の小動物なのでしょうね。

 随分前ですが,この河の上流部の山で,イタチ科らしき小動物を目撃したことがあります。

 飼われていたのが逃走するとかあり得そうです。

 もっと上流の丹沢にはたくさん居るわけで,見つかるのも当然かも知れません。

 これは鹿の脊椎の一つでしょう。

 

Img_9986ts  干潟的な場所にはコチドリがいました。

 

 右岸にも見かけるけれど,近付く前に飛んでいってしまう。

 ここは安心しているのか案外近くへ寄れました。

 これは河原ではなく土手の外にあるひょうたん池にいた子たちです。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

宅配便

 今日も宅配便で北西方向へドライブしてきました。

Dscf0509ts  いつも通る度に気になっていたのですが,これは原油タンク?と思ったのだけど水再生センターとありました。

 要するに汚水処理場なんですね。

 この辺りはいつも渋滞です。

 

 

 

 今日は散歩に出たいというので,近くの江戸川縁まで付き合いました。

 砂の上に丸っこい小石がポツポツと落ちていました。

 拾ってみると軽石でした。

 軽石を初めて見たのは修学旅行で行った桜島の海岸。

 その次に見たのは,これは割合最近ですが,群馬の子持山。

 江戸川の上流がどこかは知らなかったけれど,多分子持山周辺の火山の噴出物だろうと結論づけて,帰ってきて調べたら,江戸川は利根川から別れているのですね。 

 江戸川が人口河川(少なくとも上流部分は)とは知らなかった。

 それなら子持山で当たり!

Dscf0511tsv  更に小さい丸い物が。。。

 これはどう見てもウサギの落とし物です。

 

 砂地に足跡がたくさんあったけれど,雪の上とは違うので,かなりグチャグチャ。

 ウサギの足跡と判別できるような物はなかったけれど。

Dscf0512tsv  ウサギの落とし物はそこら中にあったのですが,こんなモノも見つけました。

 もっと大きければ,色艶としては鹿の落とし物です。

 しかしこれは甘納豆程度の小さいモノ。

 さて誰の落とし物でしょうか?

 

 

 我が家の近くの河川敷では見られないモノがいろいろとあって,面白い散歩でした。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧