2012年8月13日 (月)

追悼

Img_3403s 先日訃報が届きました。

 とても素敵な山の大先輩が旅立たれました。

 大学の研究室は実は隣だったのですが,その教授との山のお付き合いで始まった山遊びの会の大先輩でした。

 先生は既に亡くなってしまいましたが,その会は今でも続いて。。。

 一昨年からこれで三人の先輩方が鬼籍に入られました。

 寂しくなりますが,先生亡き後の幹事長が健在な限り続けたいと思っています。

 

 とても珍しい素敵なお名前 “接待さん” のご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 6年ほど前,那須高原にて。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

感謝の会

Img_2969ts まずは朝の富士山。

 朝から見えたのは少しばかり久しぶり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はネパール語講座で出会いその後も付き合いの続いているJigyan君が,ネパールの観光に貢献したと言うことで受賞した,ネパールの観光大臣賞の祝賀会。

P1000192m 浜松町へ行くなんて久しぶりです。

 その昔,晴海しかイベント会場がなかった頃,帰りに水上バスで戻ってきたときに使ったくらい。

 駅を降りて,殆ど人通りのない,祭日だからでしょうけれど,まるでゴーストタウンのような,しかしピカピカのビルの横を通って・・・会場はこの中にありました。

 

 

 

P1000190tm 入り口は・・・これだけで,窓がないから外からは殆ど判りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000183m 彼は国際交流学?で良いのかな,交流について勉強していて,横浜国大の博士課程。

 ネパールの要人が来ると通訳をしたり,東京の地方テレビのMXTVにコメンテーターとして毎週出演したり,各地の学校などで講演したり・・・忙しい人。

 

 日本語は・・・その辺の三流大学の学生よりずっと語彙が多い!

 

 感心するのは漢字の読み書きもそう言えること。

 

P1000186m そして奥さんのエソダさんも前に会ったときよりまた一段と達者になっていました。

 

 彼らは日本に居るから日本語を使えないと不便なので上達するのは難しくはないかも知れませんね。

 

 私は十年以上も前にネパールに行くようになり,持論として外国に行くならその国の言葉で挨拶くらいはできなければと考えていたので,ガイドブックにある程度から始め,日本で手に入る限りのネパール語会話の本を買い込みました。

 でも,残念ながら話す機会もなく,チョット覚えても直ぐ忘れる。

 歳のせいもあるけど,やはり使う機会が無いとダメですね。

 語順は日本語と同じなので楽だけど単語を覚えるのは・・・

 

 

 

P1000189tm 前に代官山で写真展をやったときに彼らが来てくれて,ジギャンがスピーチをしてくれたり,エソダさんが踊りを披露してくれたりでしたが,今日も彼女がマガル族の踊りというのを披露してくれました。

 

 

 出席者は100人ほどだったようです。

 彼の人脈には感心します。

 

 

 

 

P1000175ts 彼は日本に来る更新の日本語の指導をするとのことで,貸して欲しいと頼まれていたネパール語=日本語の辞書を進呈しました。

 調べたら今は絶版で,アマゾンの古本で6万なにがしで売っている程度。

 

 一時の想いは消え失せ,私がこれを持っていても宝の持ち腐れ!

 で,彼に進呈しました。

 

 かじる程度に必要な会話の本はいくつかあるし。。。

 

 

 

 別れ際に忙しいだろうけれど,時間を作って。。。 と言ったら,丹沢に連れて行って欲しいと。

 雪が溶けて時間の都合の付くときがあったら是非泊まりで,と言うことにしました。

 

 

 小田急線経由で帰って来たら,町田の寸前で「町田駅で停電があったので少し遅れます」と言う放送。でも数分遅れで動いたのだけどその後もなんだかずるずると遅れて結局30分遅れで帰着。

 でもその電車の直ぐ後くらいの電車が何故か車両故障で立ち往生したらしく,不通になっていました。 危ないところで足止めを食らうところでした。

 

 

 

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

あまり変わりない一日

Img_2756ts 今朝はまた富士山はクッキリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2760ts 午後河の様子を見に走りに出ると,近場のいつもの場所にいつもより多くのアイサが見えたので双眼鏡を出す。

 その中に髪の乱れているのが見えたので,望遠で覗くと・・・コウライよりは短く,模様もずいぶんと違う。

 右端の子です。

 

 

 

 

 

Img_2766ts 水に浮いているけれど,顔をうずめたままですっきりと全体像は見せてくれない。

 どう見てもコウライでは無く,ウミアイサ?とは思ったけれど,見たことも無く,特徴も頭には入っては居ず・・・知っているのはカワアイサと違って後ろ髪をなびかせていることくらい。

 

 雌は上の絵もこれもカワアイサ。

 

 

 


Img_2774ts_2 カワアイサより小さいですね。

 

 

 

 家に帰って調べたらやはりウミアイサでした。

 海から8kmくらいはあるのに入ってくるのですね。

 まあセグロカモメだってくるわけだから。。。

 

 

Img_2782tsImg_2781ts しばらく見ていたけれど変わらないので,近付こうと土手を降りたらシギらしきが飛び立ちました。

 

 

 

 

 Img_2783tsさて,これは?

 調べたけれど判りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

Img_2785ts 土手下に降りて距離は2/3くらいには近寄ったけれど,相変わらずのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2794ts ちょっと顔を出したけれど,またすぐにうずめてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2810ts カルガモが近くに着水し横を通り過ぎても変わらず。。。

 

 あきらめて下流へ行ってみたけれど,前によくいた下流側のたまり場には一羽もいませんでした。

 

 そして引き返してもう一度見たけれど,変わらずに寝たままでした。

 

 

 

Img_2814ts 夕方は西の空はやや雲が多くなっていて富士山はパットせず。

 いつものように西へ飛ぶ飛行機を探すとまずは。。。

 

 

 

 

 

 

 

Img_2818ts_2 そして,この機体が西へ消える前に次が。

 多いときは西に消えそうな機体と中空に一機,そして東にまた飛び上がったのが一機と三機が同時に見えていることもよくありました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

合宿

Img_2203s この週末は吹奏楽の合宿。

 土曜は予報通り朝から雨で始まり,夜遅くまでずっと降っていました。

 山にある施設で,練習場所と泊まる場所が離れている上に水たまりの階段を上り下りしなければならず。。。

 

 

 

 

 

 



Img_2214tsImg_2212ts 明けて今朝は良い天気になり・・・気温も例年とは違って暖かく。

 朝起きると窓の外に小鳥たちの声が,ヤマガラがたくさん来ていて,カメラを取り出してみると,エナガの群れも一緒に通り過ぎていきました。

 

 

 

Img_2228s 合宿練習の参加者は日帰りの賛助さんも含め50人を越えたのではないでしょうか。

 

 中心メンバーがちょうど出産ブームで,子連れで参加も何組か。

 

 

 

 さて本番まであと二週間!

 

 

 


Img_2230s 家に帰るとスッキリとした西の空に富士山が。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

江ノ島

Img_1647s 久しぶり・・・の江ノ島で高校時代の生物部の仲間の同窓会。

 

 

 平日なのに若いカップルも随分と来ていてチョット驚き!

 まあ観光地と言うことなのでしょうね。

 

 Img_1677s

 

 

 

 

 

 


 よImg_1650sく知りませんが,江ノ島神社と言うくらいで島全体が神社? あちこちに“~~の尊”を祀った神社がありました。

 でも民家もあるんですね!

 

 

 

 

 

 


Img_1661ts 天辺には展望塔がありますが,サムエル・コッキング苑と言うその昔,その人が住んでいろいろな植物を植えていたところ。

 そこにもカメムシの仲間が。

 

 

 

 

 

 


Img_1674s 蝶の専門家がここはアサギマダラが集まるところだと。

 そして見つけました。

 

 彼はバッグから捕虫網を取り出しあっという間に捕獲。

 そして,羽に日付・場所・記録者名など書き込んで放ちました。

 沖縄,台湾方面まで飛んでいくそうです。

 

 


Img_1662s 展望塔の上から。

 その昔来たときは砂州でつながっている様子が判ったと思うのですが。

 

 

 

 

 

 


Img_1682s この,江ノ島の入り口に緑青で青くなった鳥居がありますが,随分古いものだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




Img_1683s ここを抜けて橋にさしかかったところで,前を歩いていた人から叫び声が。

 見ると上空にたくさんいるトビに持っていた食べ物を狙われたらしく,路上に食べ物が転がっていました。

 と思う間もなくまたトビが舞い降りてきて,路上の食べ物を掠っていきました。

 

 



Img_1684s 小田急の片瀬江ノ島駅。

 

 

 

 

 

 

 

 現役の虫の専門家A君と話していて,昨日オオトビサシガメを見たと言ったら,あまり見られない種だと言っていました。

 

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

第5回 八ヶ岳音楽祭 5

Dscf0801s ドイツレクイエムのリハーサルを聴きに入りました。

 

 独唱は当然なのでしょうけれど,合唱も聴き応えがあって。

 

 

 

 

 

 

 前のこの音楽祭でご一緒して依頼,音楽でのおつきあいのある方とお話ができました。

 私は今回でここは終わりにするつもりとお話ししたら,彼も卒業しようと思っていると。

 弦楽器は別として,管楽器は,パートトップはもともとプロを揃えているのですが,1回目,2回目(アマオケの人が多かったように思うのですが)と比べると少なくとも今回の印象は,音大出の人が多くなったように思えました。

 どの世界もあまり変わらないのかも知れないけれど,就職難で大手企業に就職できないプロが多くなっているのでしょうか。

 曲をしっかりさらって参加するという意味では勉強になりますが,本番には出ても出なくても良いという感じになってしまいました。

 いずれにしても,来年はドイツレクイエム全曲がメインになるので,参加するつもりはなかったのですが。

 修了とします。

 

 

 余計なことですが,昔の芸術系の大学出の人たちは大半がその道の企業?に就職したり,しっかりと独立したり,教育者になったりが殆どだったのではないのでしょうか?

 最近近くで見聞きするのは,フリーの音楽家とか就職先がなくてとか・・・

 少し前にも,音大出の管楽器奏者がオーケストラの就職先が無くて,最近は自衛隊の吹奏楽団などに応募しているとニュースで見たことがあります。

 

 一般の大学生は自分の専攻と直接関係ない会社に就職したり,入ってみたら関係ない職場に回されたりは当たり前と思うのですが,芸術系だとつぶしが効かないというか,本人にそういう選択肢を考える余地がないのか。。。

 近くは,エッ!この子が音大に入学?と言う。。。

 大学も罪作りな・・・   思い込みでしょうか?

 

 

 この頃気になるのは,吹奏楽が盛んで技術的にうまい人は随分と増えていると思えます。

 でも,その人達がみんな芸術的なのか???

 指導者がそれを見極めてあげなければいけないのではないでしょうか。

 

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

同窓会

Img_0506s  同窓会と言ってもクラスではなく,クラブの。

 高校のクラブの同期の同窓会に行って来ました。

 集まったのはその当時も割合良く一緒に行動していたメンバー。

 男性はみんな蝶屋。 私は蛾でしたが。

 女性は成長促進剤の効果を実験していたのを覚えています。

 残念ながら台風崩れの熱低の影響で,やや荒天でしたが,三浦半島の先端の西側。

 以前は自衛隊が使っていた土地とのことでしたが,高台の広い場所にあるソレイユの丘と言う施設です。

 シーズンオフという感じと荒天と言うこともあり歩き回らなかったから,どういう施設なのか全貌は判らないまま,レストランで食事をして,長話をして。。。

 

 その当時も楽しい仲間だったから,次回は秋に江ノ島でと言うことになり日程まで決まりました。

 

 

 

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

クロアゲハ

 未だ黄砂はあるようですが,空中の水分は減ったようで天気は快晴。

 朝,オーケストラの練習に車で出ると土手の方からクロアゲハが飛んできました。

 花粉,黄砂とこの辺りをあまり歩いていないので,私としては今年初見でした。

 秋の曲目のメインは “未完成” 今更またかと言う感じはありますが,できたばかりの団とすればまあ早いうちに出てくる曲ではありますが。。。

 

 昨日はお通夜でした。

 久し振りに神道だったので,何となく戸惑いました。

 寂しくなります。

 

Img_0495s 我が家を見れば,急速に衰えてきた義母が。。。

 陽が沈んだ後の富士山を眺めていて,何故か“西方浄土”と言う言葉が浮かんできました。

 でも,仏教ですね。 神道にはそう言う考え方はあるのでしょうか?

 

  

 

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

訃報が・・・

Img_0300s  一昨日,大学の山遊びの会のリーダーから連絡がありました。

 

 

 昨秋,通勤帰りに階段で転倒し頭部を負傷された先輩が亡くなったと。

 大学の先輩であり,会社の先輩でもあり,山歩きの仲間であるだけでなく,鉱物探しにご一緒したり色々とお付き合いのあった,先輩とはいえ,大切な友人でした。

 

 

 

 ご本人が一番悔しかったと思いますが,残念です。

 

 

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

震災地から

Img_0263sv  今朝もよく晴れ,また少し気温は低めでしたが,その後はだんだん上がってきました。

 

 

 富士山はスッキリ!

 

 

 メールが届きました。

 元々は例の震災の翌週にこちらへ来る予定があるから春めき桜を見ながら会おうと言っていた那須在住の先輩から。

 「まだまだ震災の後の片付けは終わらないけれど,通院の予定を延ばし延ばして来たので」と言うことで,今日来るという連絡でした。

 診察が終わる頃に迎えに行って家で少し話しをしました。

Img_0261sv  前にも書いたけれどやはり津波と原発ばかりが報道されているから,それが重要だからそれは良いのですが,内陸部の災害状況はやはり知らなかったですね。

 友人の住んでいる那須町では「ブロック塀の倒壊は当たり前」という表現をしていました。

 震災とは関係ないけれど,この辺りの景色を見て,ケヤキはもう芽吹いているんだねとか,向こうは桜はまだまだだとか。。。

 やはり寒いんでしょうね。

 ヒトリシズカはまた一段と伸びました。

 

 基礎は大丈夫で家が傾いたりはなかったけれど,中はグチャグチャ,基礎の周りは凹んだ部分もと言うことでした。

 手伝いに行きますよと言ったら,未だ修復の考えがまとまっていないから。。。と

 もう少し時間をおいて行くことにしましょう。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧