2012年9月22日 (土)

ネパール料理屋

Dscn0197ts 今日は,用事があって行く町に,しばらく前にネパール料理屋(レストラン?)があることが判ったので,行ってみました。

 土曜のちょうど昼と言うこともあったのか,行った時はちょうど満席。

 15分ほど待たされました。

 厨房にはネパールの人かインドの人かは判らないけれど南アジア出身らしき人。

 

 

 

 ネットでメニューを見ていたので,それを注文しました。

 味は・・・

 予想通り,ネパールで食べた庶民の味とは違って・・・美味しい。 日本人に合うと言うか。。。

 スパイスの香りはネパール風に感じました。

 マサラティーのマサラは少し違ったかな。

 

 インド料理もやっているのですが,私はインドに行ったことがないのでインドの味は知りませんが,混ざっているのかも。

 

 でも,考えてみると,どこの国の料理を食べても,日本で食べるのは勿論,海外でも,外食の場合は洗練されているものを食べることになるので,その国の庶民の味とは違うことも多いのかも知れませんね。

 ネパールへ行く場合はトレッキングなので,8割以上が田舎のロッジ(山小屋)です。

 まあ庶民の味ですね。

 

| | コメント (2)

2012年3月20日 (火)

感謝の会

Img_2969ts まずは朝の富士山。

 朝から見えたのは少しばかり久しぶり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はネパール語講座で出会いその後も付き合いの続いているJigyan君が,ネパールの観光に貢献したと言うことで受賞した,ネパールの観光大臣賞の祝賀会。

P1000192m 浜松町へ行くなんて久しぶりです。

 その昔,晴海しかイベント会場がなかった頃,帰りに水上バスで戻ってきたときに使ったくらい。

 駅を降りて,殆ど人通りのない,祭日だからでしょうけれど,まるでゴーストタウンのような,しかしピカピカのビルの横を通って・・・会場はこの中にありました。

 

 

 

P1000190tm 入り口は・・・これだけで,窓がないから外からは殆ど判りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000183m 彼は国際交流学?で良いのかな,交流について勉強していて,横浜国大の博士課程。

 ネパールの要人が来ると通訳をしたり,東京の地方テレビのMXTVにコメンテーターとして毎週出演したり,各地の学校などで講演したり・・・忙しい人。

 

 日本語は・・・その辺の三流大学の学生よりずっと語彙が多い!

 

 感心するのは漢字の読み書きもそう言えること。

 

P1000186m そして奥さんのエソダさんも前に会ったときよりまた一段と達者になっていました。

 

 彼らは日本に居るから日本語を使えないと不便なので上達するのは難しくはないかも知れませんね。

 

 私は十年以上も前にネパールに行くようになり,持論として外国に行くならその国の言葉で挨拶くらいはできなければと考えていたので,ガイドブックにある程度から始め,日本で手に入る限りのネパール語会話の本を買い込みました。

 でも,残念ながら話す機会もなく,チョット覚えても直ぐ忘れる。

 歳のせいもあるけど,やはり使う機会が無いとダメですね。

 語順は日本語と同じなので楽だけど単語を覚えるのは・・・

 

 

 

P1000189tm 前に代官山で写真展をやったときに彼らが来てくれて,ジギャンがスピーチをしてくれたり,エソダさんが踊りを披露してくれたりでしたが,今日も彼女がマガル族の踊りというのを披露してくれました。

 

 

 出席者は100人ほどだったようです。

 彼の人脈には感心します。

 

 

 

 

P1000175ts 彼は日本に来る更新の日本語の指導をするとのことで,貸して欲しいと頼まれていたネパール語=日本語の辞書を進呈しました。

 調べたら今は絶版で,アマゾンの古本で6万なにがしで売っている程度。

 

 一時の想いは消え失せ,私がこれを持っていても宝の持ち腐れ!

 で,彼に進呈しました。

 

 かじる程度に必要な会話の本はいくつかあるし。。。

 

 

 

 別れ際に忙しいだろうけれど,時間を作って。。。 と言ったら,丹沢に連れて行って欲しいと。

 雪が溶けて時間の都合の付くときがあったら是非泊まりで,と言うことにしました。

 

 

 小田急線経由で帰って来たら,町田の寸前で「町田駅で停電があったので少し遅れます」と言う放送。でも数分遅れで動いたのだけどその後もなんだかずるずると遅れて結局30分遅れで帰着。

 でもその電車の直ぐ後くらいの電車が何故か車両故障で立ち往生したらしく,不通になっていました。 危ないところで足止めを食らうところでした。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

黄金の三葉虫化石

Img_7958s  不具合のあった某東欧製の natural horn に手を入れる気になり,昨夜から“DIY”。

 実は不具合は二つもあって・・・一つはA管クルーク。 これは嵌め込み部分がスカスカだったので,マイラーテープを捲いて補修。

 もう一つはbaroque用のチューニングスライド。 これの方は逆に太すぎて入らない。

 

Img_7959s どう見ても日本だったらB級品以下になるでしょうね。

 まず使うこともないと思っていたのでそのままにしてあったけれど,CDと合わせて遊ぼうとすると,当然ながらこちらが合わせるしか方法は無い。

 レコードの時代は何故か(無理矢理押し込むためと言う話を聞いたことはあるけれど)高めに録音してあるのが多く,合わせられない事が多かった。

 

Img_7960s でもCDになってそう言うことはなくなり,ピリオド楽器での演奏は,その時代に合わせて半音近く低い。

 そうなるとbaroque用に換えなければ逆に高すぎる。

 ピリオド楽器と実際に合わせることはまず無さそうだし,そうなるとCDしか相手はなく。。。

 で,昨夜からサンドペパーで磨くと言うより削り始め,今朝一応完成。

Img_7961s 写真は,上から普通のチューニングスライドの最短状態。 次はその最長状態。 そして三枚目は使えるようにしたbaroque管の最長状態。 実際にこんなに伸ばすことはないと思うのですが・・・

 最後は左が通常のスライド,真ん中と右の二本の直管を加えてbaroque用です。

 

 

 磨いていたら真鍮の粉で手のひらが金色になりました。

 で,思い出したのが,毎年6月始めに東京でやっていた(今でもやっているのかは知りませんが)ミネラル・フェアー(鉱物のショーです)。

 ここで,金色に光り輝く三葉虫の化石を売っていました。

 実際に黄鉄鉱化した化石も有るのだけれど,何となくウソっぽいのばかり。

 聞いたところによると,普通の真っ黒の三葉虫化石を真鍮のブラシで擦ると金色になると。

 カリガンダキ河(ネパール)へアンモナイトを拾いに行ったとき,化石が入っているのは真っ黒な丸っこい石(ノジュール)なのですが,割ってみると真ん中に黄鉄鉱の結晶だけが入っていることもありました。

 それから考えるとホンモノの黄鉄鉱化した化石は,どこかに黄鉄鉱の結晶が見えるのではないかと思うのだけど。。。 売っていたピカピカは,金粉でも塗りつけた様でした。

 

 

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

ネパールの友人

Dscf0212sv  昨夜は大学の友人二人をネパールの友人夫妻に引き会わせる為、東神奈川の“なますて食堂”で会食をして来ました。

 

 ネパールの友人夫妻はTV出演もしているので顔は消さずに出させて貰いました。

 今夜はたまたま別のチャンネルに二人が出ます。 池上彰とビートたけしの番組。

 

 会わせた理由は、先日の大学の同窓生の集まりで、一人はJICAでカトマンズに行くと言うこと、もう一人はネパールへ旅行したいと言うこと。

 ネパールの定食(ダルバート)に近いモノを注文しましたが、美味しかったけれど、かなり日本風のように思えました。

 JICAで行く友人は来月から駒ヶ根のJICA研修所で語学の勉強に行くと言うことだったけれど、ネパールの友人(JIGYAN君)はそこで講師をやったこともあるし、今回は彼の甥が講師で行くと言う話しでした。

 奥さん(YASUさん)は来月から大学の3年に編入すると言うこと。

 JIGYANは博士論文を書いているところだし、二人ともたいしたものです。

 いろいろ楽しい話しで盛り上がりました。

 皆さんありがとう!

 

 

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

ネパールよりの郵便物

 すばるトラベルのJEEVANさんから郵便物が届きました。

P1s  すばるトラベルのパンフレットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

P3sP2s 

 

 

 

 

 

 

 

 

 P4s

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月の半ば頃からシャクナゲ(ネパールの国花)の季節です。

 私は初めてネパールへ行ったときに、ゴレパニ峠で巨大なシャクナゲの林に一杯の花を見ました。

 今は乾季でヒマラヤが良く見えます。 乾季はゴールデンウィーク頃までで、その後は10月初めくらいまで雨季になりますが、7月は高山植物が満開となります。

 雨季と言っても7,8月頃は、夕立型の雨が毎日降るという感じの様です。

 ただ、6月末~7月始め頃に集中豪雨で水害が起きる地域もあるようですが。

 

 

 

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

ネパールからのメール

旅行会社をやっているネパールの友達から宣伝のメールが来ました。

 彼はジーヴァン・タパさんと言いますが、時々ここでも書いたことがある横浜国大の博士課程で勉強中のジギャン・タパ君のお兄さんです。 

彼らの家族はみんな誠実で信頼できる人達です。

 何故こんな事をわざわざ書くかというと、あくまでも一般論ですが、観光客相手の商売人はまず足元を見てきます。 と言うより文化の違いと考えるべきなのでしょうけれど、 価格は交渉で決め、売っても良い値段と買っても良い値段が合ったときに売買が成立する。

 トレッキング・エージェントも、当然のことながら、日本の旅行会社で手配するのが一番高いのですが、現地で手配しても「日本人は金持ちで言いなり」と思っているエージェントも居ます。

 彼のところが一番安いかは知りませんが、安心して任せられる信頼できる人であると言うことが一番の売りではないかと思います。

 興味を持たれた方は jvnthapa@wlink.com.np へメールして下さい。

 彼の日本語のホームページは未だ工事中の部分が多いので、何か質問が有れば、メールアドレスを記入して私のこのページにコメント下さっても構いません。

 11月から4月頃まではネパールは乾季でヒマラヤが良く見える季節です。

以下、彼からの宣伝文と写真です。

Subaru Travel Nepal
すばる トラベル ネパール



 お客様の希望に合わせてオリジナルプランを作成します。お気軽にご連絡ください。


 日本語ガイドの手配、レンタカー、ポカラへのツアーバス、ホテルやゲストハウスの予約、ホームステイ、航空券(チケット)の手配(国内線・国際線)

夕方以降の急な予約もOK(国内&国際チケット発券可能です)
個人手配承ります。
日本人大歓迎。 日本語で対応致します。何でもご相談下さい。

For Reservation ご予約方法

E mail : info@subarutravel.com
ホームページhttp://www.subarutravel.com/

Telephone 4215778 , 016922326
Fax 977 1 4215778
携帯番号 9851049632
住所 Post box 5387 Jyatha,Thamel Kathmandu ,Nepal


お客様の希望通りに手配致します。ぜひお気軽にご連絡ください。

 トレッキング、チベット・ブータンツアー、チトワン国立公園でのジャングルサファリ、世界遺産(カトマンズ)などの観光、ラフティング、パラグライダー、マウンテンフライト

Copy_of_dsc00707

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Img_1915s
 これは昨夏、パタンの郊外にある彼の家に遊びに行ったとき。

 この時は事務所は家にあり、カトマンズの中心街の事務所は建築中でしたが、今は中心地のタメルに事務所があります。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2009年10月 4日 (日)

今日のいろいろ

 ぐずついていた天気が今日は晴れ。

 メールを開くとネパールからメールが来ていました。 昨日この秋に行くつもりだったけれど、まとめて二週間の日が取れず諦めたと送った返事なのですが。。。

 ダサインの祭を見に行こうとしていましたが、既に終わっているし。

 来春には何とか行けたら良いのだけど。。。

 外は賑やか。 数日前から練習の音が聞こえていた近くの保育園の運動会の本番が今日の様です。 朝から一段と賑やかでした。

 毎年の行事なのだけれど今日初めて気が付きました。 小学校と違って昼までで終わりなのですね。 子供も少ないし、一日中やることは無いのでしょうか。

 

Img_4816ts  屋上に出ると陽当たりがよい花にはベニシジミが、そしていつものノウゼンカズラの葉の上にはウラギンシジミが来ていました。

 もう少し銀色に輝くところを撮りたかったけれど風があるのと撮る位置に選択の余地が少なかったことでこれ以上はムリでした。

 

 

Img_4823ts  多分、土手の葛で育っているのでしょうけれど、マメ科ではないノウゼンカズラに何故良く来るのでしょう?

 

 

 

 

 

 話は変わって。 来春は全国植樹祭の神奈川開催で、今度の10月10日(土曜日)、に横浜赤レンガ倉庫イベント広場で「第61回全国植樹祭記念事業カウントダウンセレモニー」があります。 それに参加する秦野アルプホルンクラブの練習がありました。

 今まではホルンの金属のマウスピースにアダプターを付けて吹いていたのですが、ここの方針はマウスピースも木製でと言うことで、木製のをシェイプアップして使い始めたのですが、何故か上のミの音がこんなに下手だったかとガックリするくらいに当たりにくかった。

 で、練習中にふと思い当たって、マウスピースを浅く差し込むように紙を巻いて吹いてみたら・・・チャンと吹けます。

 未だ詳細は判らないけれど、マウスピースと楽器本体の接続部分は案外と難しい問題があることは確かなようです。

 全自作のマウスピースはあまり細くしてないので、奥まで入らず確かにこれの方が全ての音であまり差が無く吹けました。

 ただこれには別の問題があって実用は難しそうなので、本命のモノに手を入れてみましょう。

 

 この植樹祭の本番は地元の丸太の森でも行われることになっていて、所属の吹奏楽団にも出演の打診が来ています。 

  

 

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

SULAV君

JEEVANさんからメールが届きました。

Dsc01239  彼の息子のSULAV君(日本の大学院に在学中)が、ネパールの新聞(Kantipur)に載り日本の学校でネパールのことを紹介したりネパール語を教えたり活躍しているとのことでした。

Sulav_in_news_paper_kantipur Kantipurと言えば、日本の有名紙と同じです。

 

 

 

 

 JEEVANさんの弟のJIGYAN君(横浜国大大学院在学中)は、春から今週末まで駒ヶ根の青年海外協力隊の研修所でネパール語の指導に単身赴任しているとのことです。

 JEEVANさんのトレッキング会社のhomepegeは彼らが管理しているので、しばらくは不具合は修整されません。 SUBARU TRAVEL へご用命の方は取り敢えずは私宛に。

 

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

SAATHI

 SAATHIとMITRAはネパール語で「友達」と辞書には書いてありますが、MITRAの方が少し疎遠の友達と聞きました。 →JIGYAN君、間違っていたら指摘下さい。

 昨日、久しぶりに Nepal の JEEVAN さん(ジギャン君のお兄さんです)からメールが届きました。 じつは今月の初めにこちらから送ったのですが、返事が無く気になっていたのですが、その文面からはこちらのメールは届いていなかったようでした。

 JEEVANさんは Nepal でトレッキングの会社をやっているのですが、親日派で日本語が上手で、彼に頼むと日本語のできるガイドを付けてくれます。

 ホームページ http://www.subarutravel.com/ からメールを送ると私のところにも転送されてくるので、不明点は私が説明したり、仲介したりしています。

→追伸です。 上記ホームページは少し問題があるようで、リンクが開かなかったりメールが届かない様です。 私のページにコメント下されば連絡を取ります。

Appa_sherpa_19_time_summit_at 今回の彼からのメールには EVEREST day に EVERESTに19回も登ったsherpaのAppa氏との写真を撮ったとのことで添付されていた写真を紹介します。

  左がJEEVANさんです。

 

 

 

 

Dsc00911_2  もう一つ、彼の事務所の風景。

 

 

 

 

 

 

 Nepalはもう雨期に入ったと思いますが、私もNepalの雨期は昨年が初めてでしたが、日本の梅雨とは違い、日本的に言えば梅雨明けの豪雨みたいなものや、日本では最近は少なくなったように思いますが、夕立のような感覚でした。 でもこの時期は山には花が咲き乱れます。 花を見たい人は雨を覚悟(交通手段にも不具合が多くなるのですが)で。

 ヒマラヤを見たい人は10月末くらいから5月連休くらいまでの冬場ですね。 この時期は乾季なので、トレッキングのコース(4000m弱)ではまず雪が降ることはありません。余程の寒がりでなければ丹沢の真冬の小屋泊まりくらいの服装くらいで充分でしょう。

 

 政情は、いろいろあるようですが、観光立国ということが行き渡っていると言う感じで、外国人への脅威は全く無いと言っていいくらいです。 少し前にもっと不安定だった頃に、お金を要求されたと言う話はありましたが。

 

 ヒマラヤ・トレッキングやカトマンズ、ヒンドゥー教文化などに興味のある方は連絡を下さい。

 日本の旅行社でお任せで行くよりは自主的な動き(日本~Nepalの航空券は自前で手配など)が必要ですが、格安ですし、JEEVANさんはとても誠実な人です。

 

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

今週のまとめ

 火曜の夜はMt.Fuji交響楽団の練習。

 練習が平日の夜という設定がやはり難しいのか? 合奏開始の19時には管楽器はなかなか揃いませんね。 1stと2ndのアンサンブルが練習できないし、金管のコラールなどもなかなか。。。 管楽器はパート別でも良いから揃っての練習が別途必要でしょう。

 単純な時間としては本番までの1/3が経ってしまってます。

 もう一つ音楽の話し。 前にちょっと顔を出したことがある、吹奏楽仲間のやっているアンサンブル(ピアノと木管)から、7月の演奏会に参加して貰えないかと話しがありました。  このグループの練習日がやはり火曜の夜なので、別に設定して貰えればということで参加することに。 こちらの練習は5月以降になると思いますが。

 話は変わって、義母の手術は血糖値のコントロール次第と言うことだったのですが、なんとか収まって昨日行われました。 右大腿骨骨頭の人工骨頭への置き換え。 昔と違って手術の危険性など随分と懇切丁寧な説明があるんですね。 人によっては逆に心配になってしまうような説明も。 医師も言ってたけど問題時の責任逃れではと聞こえてしまうこともありますね。 普通は患者も家族もその医師の人柄も腕前も知らないでしょうから、どういうつもりで言っているのか判断できないし。

 で、昨日無事終了。 

 あとは、感染症などの問題が起きなければ抜糸して、また前の病院へ戻ります。 年が年だからリハビリがキツイでしょうけど、寝たきりにならないため手術を選んだのだからしっかりリハビリしてまた歩き回って貰わないと。。。

 

20080731_002s  話は前後しますが、日曜にランを見に行ったとき、昔のご近所の方にお会いしたのですが、青いケシの写真を見たいと言って下さいました。

 背中を押されましたので、ほったらかしの写真を整理して秋の頃にでも花だけの写真を並べた展示会でもやろうかとちょっと動き始めました。

 ケシでは無いけど、ネパールの花です。ゲージツ的と言うことではなく、写真図鑑的に並べようと思っています。

Img_2695s_2   今日は雨。

 ウチにあったミモザが場所の関係で片付けようとしていたところ、お隣の奥さんが好きだと言うことで移植しましたが立派に花を付けてます。

 少し遅いですが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧