2012年6月22日 (金)

また増水

Img_3864s 台風の増水が収まったと思ったら,昨日の雨でまた増水で泥水です。

 水位情報では先日程まではいかなかったようですが,多分丹沢湖はかなり水位が上がっているのでしょう。

 放水が続いています。

 

 

 

 

 



Img_3865sv 雨もようやく上がったのでお散歩で釣り堀まで行ったら,突然バシャッと言う音がして,釣り堀から河へ水を落としている?コンクリートの段のところにニジマスらしきが乗って焦っていました。

 カメラを準備しているウチに体をくねらせて,その下の水路に逃げ込んでしまったのですが,水が澄むとまだそこに居ました。

 

 さてこの子は今後どうなるのか?

 

 

| | コメント (0)

2012年6月 1日 (金)

鮎解禁日ですね!

Img_3585s 河を見ても釣り人は僅かでした。

 この二,三年河が荒れて魚が少ないのか,鮎釣り人口が減っているのか。。。

 

 

 

 

 

 

Img_3587s あじさいは少しずつ色づき始めていますが,まだまだですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_3588s 花壇は少し別の色が増えてきたような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_3590s 上流の方も・・・釣り人は少ないですね。

 

 

 カモガヤはまだでした。

 薬を飲むのをやめたら,今日は眼が痒く,オマケにまた頭痛も。

 今年気がついたのですが,カモガヤは立木の下,ここでは午後からその日陰に入る所に集中して生えています。

 周りに何も無い草っ原には育たないようです。

 

 

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

釣り

Img_2233sv 今朝も良く晴れ富士山もスッキリと。。。 予報では今朝からもっと雲が多いと思ったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 久し振りに釣りに出掛けました。

 若い友人が休みが取れたと言うことで,ノンビリと堤防釣りに。

 ネットの情報で伊豆多賀へ行ってみました。


Dscf0836ts 天気は良く風もなく暖かい。 昔はただの砂浜だったところに堤防ができて・・・これは砂の流出防止でしょうか。

 砂浜を含んだ公園状になっていました。

 

 その堤防から,ノンビリと糸を垂らすとまず掛かったのはメゴチ。

 全く考えていなかったので準備もなく・・・レジ袋を手袋代わりに針を外しました。

 

 

 

 砂浜側ではそのあとはダメで,外側のテトラの隙間に落とすと,すぐにアタリが。

Dscf0837s 次から次へとほぼ入れ食い状態だけどテキは小さなネンブツダイとオオスジイシモチばかり。

 他のは・・・と堤防の先の砂浜側に群れている鰯を狙ってサビキを使ってみるけれど,撒き餌の準備をしていず,寄っては来るけれど食わず。

 たまたま引っ掛かった一匹だけで,また餌釣りに戻す。

 あとは餌取りのベラが一匹とフグが二匹だけ。

 昼を過ぎたらだんだん雲が多くなり,3時過ぎには予報通り雨がパラつき始め気温も下がってきたのでおしまいにしました。

 せっかく釣れた小さな魚たちは唐揚げにして頂きました。

 

 

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

ころがし解禁

Img_8408sv  鮎釣りはしないので,シーズンの終わり頃解禁と言うくらいしか知らなかったのですが,ここの河は今日から“ころがし”が解禁です。

 でも,相変わらずの泥水だから,魚が居ないのじゃないかな?

 ダム放流中の掲示板は点灯中だけど,河の中には何人かの釣り人が・・・水量は随分減っているようです。

 

Img_8411sv  流れのなくなった砂地に・・・この上に泥がそっと堆積してそのまま埋もれると足跡化石になるのだろうけれど・・・いや砂地では殆ど無理かな,泥地だと乾けばその上に上手く堆積することもあるのかな・・・火山が噴火して火山灰がそっと積もれば可能か・・・なんて考えながら・・・でも,恐竜の足跡化石なんて,いろいろな偶然が重ならなければできなかっただろうと思うのですが。。。

 何鷺でしょうか?

 かなり大きめとは思いますが,どの鷺の足がどの位と言う感覚はありません。

 

Img_8412sv  ずっと前から咲いているけれど,随分花が増えた様に思えます。

 秋めいて,曇り空だから目立つのか,青い色がとてもスッキリと眼に入ります。

 

 話しはまた替わりますが,モルトン症。

 先日のスニーカー。 幅がゆったりとしているのに痛い。 

 どう見ても幅の問題ではなく・・・横方向のアーチが壊れていると言うことからは当たり前のことなのでしょうけど,この靴は真ん中が低いのではと思い当たり,敷き皮の中央部分に少し厚味を増やしてみました。

 未だ最良ではないけれど改善方向が見えたような気がします。

 

 

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

久しぶりの釣り

 昨日は若い友人と網代へ行って来ました。

 去年は師走も押し詰まって行ったので、狙いのカワハギは落ちてしまっていたらしく、当たりもなかった。 

 よく行っていた時代からは全く変わってしまい、たくさんあった生け簀は僅か、それも釣り堀化してしまったところも有ったり。。。

 生け簀に撒かれるエサのおこぼれに預かろうという魚も減ってしまったようです。

 ボート屋で聞くと左の方に設置したブイの方が大型が出ると言うことでまずはそちらへ。

 まずは相棒にオジサンが釣れたけれど、しばらくは要領を得ず餌ばかり盗られるだけ。

 そしてようやく釣り上げたカワハギは手のひらサイズ以下。 次はもっと小さい。 殆ど当たりを感じないと言うことは、どうやら小さいのがチョンチョンつつくだけらしい。 しばらくねばったけど状況は変わらないので、生け簀の方へ移動。

Pa170595s ここも同様に小さかったけれど、こちらの方が釣れました。

 土曜にノンビリ出掛けて行ってボートがあるとは思っていなかったので、たくさんは準備しなかったエサは2時過ぎには底をつき引き返しました。

 未だ早いのと、岩壁釣りになるかもと思って用意したオキアミがあるので、堤防で少し遊んでいくことに。

 勿論小さいのばかりですが、メジナが簡単に上がり、キュウセンやタカノハダイも。

 石鯛のまあまあのサイズが掛かったのですが、タモも持たなかったので引き抜こうとしたらハリスが切れました。 残念! 釣り逃した魚は大きい!!!

 一時間ほど遊んでいたら大粒の雨がポツポツ、帰ろうとしたらボート屋のオジサンがソーダガツオを持って行けと4本くれました。

 日というか潮にもよるでしょうけれど、金のかからない堤防釣りをするのも案外面白そうです。

 

  

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

クルージング & 釣り

 昨日は友人に誘われ、音楽仲間の若者を連れてクルージング&釣りに行ってきました。

 午前中は風もなく波もなくノンビリした釣り日和。 風がないのでまずは汽走。

 港を出て4kmくらいでしょうか、風がないので汽走して釣り人が見える堤防の沖へ泊め、釣り人5人分の竿の準備をして・・・久しぶりに出したので回らないリールがあったりしましたが。

Pa040372ssv  まず当たったのは思った通りトラギス。

 みんな初心なのでボウズを心配したのですが、次々とアタリがあり小さなカワハギが上がったり、キュウセンも・・・でも大量に釣れたのはトラギスでした。

 全員が何らかの魚を釣ったので一安心。

 

 

Pa040382ssv 昼を食べて少し釣りをしたところで買ってきたエサも底をつき、丁度風も吹き始めて今度は帆走。

 帆走は良いですね。

 汽走の振動はないし、排気ガスの臭いは勿論無し、風を切る音と波の音だけ。

 丁度適当な風で船の傾きも楽しめる程度。

 

Pa040387ss  帰りは追い風になるのでノンビリと。

 一日海遊びを堪能しました。

 

 

 

 

 

 

Pa040393ss  本日の釣果の一部。

 釣り初挑戦の人が3人の割にはまあまあといったところ。

 

 

 

 

 

  

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

これまた久しぶりに

 若い友人が釣りをしてみたいというので、屋根裏の道具をゴソゴソと持ち出し熱海の先は網代へボート釣りに行ってきました。

 天気はほぼ予報通りでお日様はたまに顔を出すだけ(偉大さを誇示するようだったけど、暖かく有難い恵みでしたが!) 風こそ少し吹くだけだったけど北東風と言うことでうねりはボートには少しキツイくらいでした。

 ハッキリとは覚えてないけど、前に来た時は生け簀がもっと沢山あった様に思ったのだけど。。。 ボートで近付いてやはり減っているし、使われていないのもあるように思えました。

 条件もあまり良くなかったとは思うけど、生け簀が減ってしまったためか魚影は昔々より減ったように思いました。

P1180002tds  初めに留めたところでは全く魚信を感じず、釣れたのはタコ・・・2匹。

 移動してまたダメ。もう一度動いてようやく目的のカワハギが。。。でも結果は3枚だけ。

 どうも、フグも多いし、カワハギも小さいのが餌を盗ってしまうらしい。 

P1180003tds  外道はウミスズメと?フグ、そしてヒメジ。 オソマツの一席でした。。。

| | コメント (2)