« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

もう一度雪を踏みに

Img_4064s この冬は冷え込んでこの辺りには珍しく,山は雪が積もったままです。

 富士山の東側にある三県の県境付近の山へ大学の山遊びの会で行ってきました。

 

 出発点に車を止めたときは富士山もまだかなり見えていたけれど,予報より早く雲が広がってすぐに姿を隠してしまいました。

 

 

 

Img_4066s 山はさすがに寒く,つららも乾いた感じです。

 前日の一日の気温推移を見ると,一日中零下。

 今日も多分そうでしょう。

 

 

 

 

 

Img_4068s_2 しっかり雪があることは判っていたのでスパッツは当然ですが,念のために持って行ったアイゼンは出番無し。

 

 

 

 1月半ばの雪が溶けきらずにあって,その上に何回か少しずつ降った雪は殆ど新雪状態でした。

 

 

 

 

 

 

 Img_4079sこの道標からすると,この辺りは1mくらいあるのでしょうか?

 

 

 今日は演習の日だったのか,東富士演習場方向から砲撃の音や時折小銃?の音も聞こえていました。

 

 一発何十万いや百万超かと思ったけれど,演習用の砲弾はそれ程高いものでは無いようですね。

 

 


Img_4097s 富士山は見えなくなってしまったけれど,愛鷹山,駿河湾そして伊豆半島の方は見えました。 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4069s 動物たちの足跡はもっとあると思ったのですが,この寒さではここに居ても食料が無いでしょうね,それ程多くは見ませんでした。

Img_4076s ハッキリ判るのはやはりウサギ,そして大きさや歩幅から鹿,良くは判りませんがこの大きさと足跡の感じはテンかなと思う三種でした。

 落とし物はこの一つだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4114s 山頂は寒かったけれど,のんびりとした雪山ハイクでした。

 帰りは恒例の立ち寄りの湯!

 

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

雪を踏みに

Img_3889s 吹奏楽のアウトドアー派の若者と丹沢表尾根へ行ってきました。

 懸念していたとおりヤビツ峠まで行くはずのバスは路面凍結のため麓の蓑毛止まりと。

 少し前に下ったことはあったけれど,登るのはもしかすると半世紀ぶり!

 

 

 

 

Img_3894s 二ノ塔に登り付く少し前からこのところあまり調子が良くないなと思っていた筋肉が文句を言い始め,これでは目的地の手前,エスケープルートの無い当たりで動けなくなるかも,と言う不安が頭をもたげ。。。

 その予想通り次の三ノ塔にかかったら悲鳴を上げ始めました。

 

 

 

 

 

Img_3895s こうなると,どうしようも無いので風も無く陽射しも暖かい三ノ塔でのんびりして帰ることにし,コーヒータイム。

 

 

 

 近くに見えるけどまだまだ遠い尊仏山荘。

 

 

 

Img_3907s 風も無く暖かい山頂で展望を楽しみ,帰りは二ノ塔の登り返しも不安だったので三ノ塔尾根を大倉へと下りました。

 

 牛首まで下ると尾根へはまた登らねばならず,そのまま舗装の林道を下ることに。

 

 途中で見かけました。まとっているものからも仏様では無く書いてあるとおり神様のようです。

 

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

早春

Img_3857ts 今朝も何だか暖かく。。。

 この冬あまり見ないマガモのつがいがのんびりと・・・早春の風景。

 

 

 

 

 

 

 


Img_3858ts 桜の蕾はもちろん膨らんでいるはずも無く,目立つのはイラガの繭。

 あちこちにたくさんあるのですが,模様がハッキリ見えたので一枚。

 

 

 

 

 

 

Img_3862s 午後は昔の会社の仲間との随分と久し振りの会食会でしたが,出ようとしたら上空は青空なのに雨が・・・ 小降りになったので外へ出たら虹が出ていました。

 

 

 

 

 

 

Img_3863s 我が家の近くの梅畑の梅は未だなのに,小田原城趾公園の梅は紅も白も咲き始めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »