« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月18日 (金)

鳥たち

 先日の雪はこの辺りの平地には舞いもしませんでしたが,周りの山は白くなり,未だに寒さが続いて白いままです。


Img_3595ts どうもそのためと思われるのですが,この辺りではそう多くない鳥たちを見かけることが多くなっています。

 シメは滅多に見ません。

 

 

 

 

 

 

 

Img_3627sv メジロは少なくは無いのですが雪の後に急に増えたような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3624ts 我が家の前に来たので,久し振りにミカンを振る舞いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

Osprey

 昨日の雪はこの辺りの平地には届きませんでしたが,周りの山々はかなり厚化粧したようです。

Img_3551s 箱根金時山。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3553s そして表丹沢方面。

 これは二ノ塔,三ノ塔。

 

 

 

 雨で餌探しがままならなかったのでしょうか,たくさんの鳥たちがいました。

 



Img_3558tsv 前から大きな鳥が何かを足につかんで飛んでくる・・・と思う間もなく頭上を通過していきましたが,どうやら少し先の釣り堀から失敬してきたようです。

 トビにしては白すぎるとは思ったのですが判らず,あとで鳥専科の友人にミサゴだろうと教えて頂きました。

 ミサゴはosprey,その友人も一緒の大学の山の会の幹事長が担いでいるザックもosprey。 

 厚木にもospreyが配備されるとか,具体的な話では無いとか。。。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

石砂山

Img_3503s 大学の山の会の新年初山行はここ石砂山(いしざれやま)。

 ネットで調べた駐車場(有料とあった)は以前に隣の石老山に登ったときに駐めた駐車場でした。

 

 実際はその有料の方はチェーンが掛かっていて,隣のスペースでしたが。

 

 

 

Img_3504s 道端で見かけた馬頭様は観音ではなく馬頭太子とありました。

 ネットで調べる限りは馬頭太子という項目は見当たらず。

 

 この辺りだけの言い方なのでしょうか?

 

 

 

 

 

Img_3506s 雪は未だ無いけれど,川の中には氷が。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3515s コースの前半は植林帯で薄暗く,その後の雑木林は完全に冬枯れ。

 あまり撮影の題材は見当たらず,少し急登があって山頂に。

 カシミールで確認したとおり富士山は大群山の横に顔を見せました。

 しかし大群山がデカイ!

 

 

 

 

Img_3525s 降りてきたら登山口のすぐ前の家でおばあちゃんの呼ぶ声が。。。

 ゆずを買わないかと言っているようで,庭に入ってみると,切り干し大根を刻んでいたようでしたが,干し上がったゆずの皮やいろいろなものを僅かながら並べて売っていました。

 

 いろいろ聞いていると一人暮らしで。。。 などと言うので梅干しを一袋。

 

 

 

Img_3526s カリカリ梅もどうだと言うので試食すると酸っぱすぎず美味しいのでそれも。

 並べてあったものを撮ったら,ギフチョウの写真を見せようかと。

 この辺りはギフチョウが有名でリピーターが写真を持ってきてくれるという。

 またそのシーズンに来てみようか。

 

 

 

Img_3527s この辺りの地区は家の前に表札代わりみたいにこんなものが。

 ここのおばあちゃんの家はこれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

穏やかな水面

Img_3366sv 昨日の強風はようやく収まり,河面は穏やかで,カルガモの航跡がキレイに光っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

蛇三題

 “巳”は蛇の形のようですね。

 時代を追って。

0302sv 一昔も前に行ったカトマンズの中世の建物にあった彫刻。

 ヒンドゥー教の蛇の神様ナーガ。

 

 

 

 

 




Img_1886sv これは数年前に行った,ネパールの友人,Jeevan氏の家の近くの池のやはり蛇の神。

 何故かは聞かなかったけれど頭の数は人の指と同じ五つです。

 日本の八岐大蛇はその名の通り頭は八つ。

 ヘラクレスに倒されたヒュドラ(ヒドラ)は異説はあるものの一般には九頭。

 そう言えば九頭龍というのもありますね。 双頭の蛇は奇形として案外多いような。

 話が散漫になりました。

 

 これは本物。

Img_8420ts 日本では白蛇は縁起が良いと言われて居るようですが,白蛇はアルビノですよね。

 これはシロマダラ。

 絶滅危惧種となっている県もあるとか。

 死んでいると思って,自転車にグチャグチャにされたりカラスにつつかれては・・・と思い草むらに投げ込んだのですが,珍しい種と知ってもう一度しっかり観察しようと探したけれど見つからなかった。

 最近,この蛇のことをもう少し調べたら死んだまねをすると!

 どう見てもどこにも傷は無かったから死んだまねだったのかも知れません。

 

 今年もよろしく! 

 

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »